ブログ

運のよい人とは

2021年9月10日

皆さんこんにちは。
モノゴトがうまくいかなかったとき、つい誰かのせいにしたくなりませんか。
「あの人がこんなことを言わなければ...」
「どうして私ばっかりこんな目に合うの」
「私は悪くない!」
...といった負の感情です。理不尽なことや思ってもない不慮のアクシデントが起きるとまるで被害者のような気持になってしまうことがありますよね。

被害者の気持ちになると
・誰かが何とかしてくれる。同情して大切にしてもらえる。
・私は正しい。間違っていない。人のせいにできて気持ちが楽。
このような負のサイクルを続けている限り一生発展はのぞめません。

自分の人生に起きたアクシデントはどんな時でも「自分に原因があるのかもしれない」ということを前提に考えてみるクセをつけてみましょう。
このようにすると問題解決する力がつきます。

柔軟な視点で「起きてしまった事」「自分の行動」を見つめてみましょう。
「被害者意識」を手放してみましょう。
「誰かのせい」を卒業して、自分軸で物事を考えましょう。

あなたに起こるすべてのトラブルはあなたを成長させてくれる贈り物なのです。
生きていると山あり谷ありです。
占いに来られる方も本当に山あり谷ありです。
皆さん人には言えない深い悩みやトラブルを経験されています。

起きてしまった事実を変えることはできませんが、その先はあなた次第です。

その出来事はもしかしたら、
・人のやさしさに気づくためだった
・自分の間違いを気づかせてくれた
・人生の転機だった

また、どうしても乗り越えられないような絶体絶命のようなことが起きてしまったら

「あなたは幸せになるために生まれてきた」

ということを思い出してください。あなたが不幸になることはもともと起きないようになっています。

素敵な未来のための現在なのです。
現在起きていることや、境遇が苦しいものであったとしても、それはすべてあなたの未来のための「今」なのです。

 

運の良い人はいいことしか起こらないではなく、起きたことから学び、未来に活かしていくことのできる人です。

ばいこう

-ブログ